• 散気管は排水処理で役立っています

    散気管は液体中に気体を放出できる装置の名称ですが、散気装置から水中の中で繋がっている管の事を指しています。
    散気装置自体を散気管と呼ぶケースもありますが、浄水槽等に酸素を送り込む事ができるので、溶存酸素を高める事ができます。
    溶存酸素が高まる事で、汚水を浄化してくれる微生物に対して酸素を効率的に供給できます。
    排水処理は汚れた水を綺麗にする為に微生物が使用されるので、微生物が活動しやすい環境作りをするのが、散気管の役割です。
    更に水槽内の汚泥を攪拌する事もできるので、微生物に酸素を送りながら、微生物が汚泥を処理しやすい様に汚泥自体のサイズを小さくする役割があります。

    散気管の詳細は専用ホームページで紹介しています。

    散気管にも色々な商品がありますが、クオリティの高い商品であれば、水槽内に汚泥が堆積しないように微細の気泡を水槽全体に行き渡らせる事ができます。



    水槽全体に微細な気泡を行き渡らせる事ができれば、汚泥が堆積するスペースが存在しなくなるので、常に綺麗な状態を維持する事が可能です。



    仮に水槽の端等に気泡が到達できない場合は、端の方から汚泥が溜まってしまい、大きな汚泥を微生物が処理できない状態になってしまいます。
    微生物は大きな汚泥に対しては処理する能力が下がってしまうので、攪拌する能力の高さが散気管には必要です。
    水槽内に効果的に酸素を送り込みながら、攪拌作業も同時に実現する事で、微生物の代謝が良くなり、悪臭等が発生するリスクも減らす事ができます。