• 散気管の機能と用いられる場所

    散気管の機能については圧縮された空気を泡にすることができます。

    散気管の最新情報が知りたい方にはこちらです。

    生物反応槽ではこの機能によって汚泥に酸素が供給されます。

    様々なタイプの管があって、代表的なものは超微細気泡型や粗気泡型です。

    産業排水処理において使用する散気管は色々な機能を備えてますが、例えば油やSSをその中に存在する微生物が粉砕してくれます。



    微生物が酸素呼吸の代謝をするために硫化水素など嫌な臭いが生じません。

    圧力の損失がありませんから消費する電力は想像より少ないかもしれません。
    また循環水が長くもつものであればスラッジが大きく削減されます。

    これまでの常識では、汚泥や加圧浮上の装置を用いないで曝気とバイオのみで油やSSを消化することができると信じられませんでしたが、高機能の散気管の誕生で常識が覆りました。


    今ではこの散気管をプラント会社や自動車メーカー、パン工場などが導入しています。



    畜産排水の処理に使っている所もあります。

    他にも池の浄化や生産物のミキシング、地下水の処理などでの使用例もあるようです。
    グリストラップや浄化槽、それから熱帯魚などの水槽や養殖場でもこの管は使用されます。メッキなど表面の処理で用いられることもあるでしょう。

    大きな浄化槽であっても曝気することができる散気管もありますし、酸素溶解率や脱臭効果が高いものもあります。高機能が備わったものは価格が高いですが、価格以上に優れたものと言うことができるかもしれません。

  • 読めば解る散気管

    • 私たちが排泄した便や尿は、水洗トイレで流されて浄化槽と呼ばれる設備で終末処理をする下水道以外に流せるように綺麗な状態になるまで処理しています。洗濯や洗い物で出る生活排水も同じように浄化槽へ送り込まれます。...

  • 散気管の事柄

    • 散気管は、簡単に言えば汚れた水などに空気を放出する装置のことで、主な用途は汚水を浄化して環境に排出できるレベルにすることです。家庭でよくある熱帯魚などの水槽に付けられている気泡が出る装置も散気管といいます。...

  • 人に言いたい散気管

    • 散気管は液体中に気体を放出できる装置の名称ですが、散気装置から水中の中で繋がっている管の事を指しています。散気装置自体を散気管と呼ぶケースもありますが、浄水槽等に酸素を送り込む事ができるので、溶存酸素を高める事ができます。...

  • 散気管の最新考察

    • 一言で散気管と言っても色々な種類がありますし、交換用の微細気泡ホースもあります。表面のメンブレンの交換のみに対応したホースです。...