• 浄化槽へ空気を送る散気管

    私たちが排泄した便や尿は、水洗トイレで流されて浄化槽と呼ばれる設備で終末処理をする下水道以外に流せるように綺麗な状態になるまで処理しています。

    洗濯や洗い物で出る生活排水も同じように浄化槽へ送り込まれます。層内では沢山の微生物が汚れを分解しますが、常に順調に浄化活動を行う為には、微生物が生きる為の酸素が必要となるのです。
    散気管は、空気を気泡に変えて浄化槽へ送り込む機器で、丸型や角型をした筒状の物が一般的です。

    初めてでもわかりやすい、散気管情報のお得な利用法をお教えします。

    散気管は、ゴムやシリコン素材などで作られているものなど多くの種類のものがありますが、ドロドロになっている汚水などが逆流しても気泡を出す穴に目つまりが起こりにくいものが優秀で、頻繁に交換をせずに使える物を選べると余分な出費もなく安心です。



    散気管の働きが順調であるかを見極める目安は、浄化槽から発生する匂いです。
    微生物が浄化活動を行えている場合には、匂いを感じることはありませんが、酸素不足になると代わりに硫酸イオンなどで呼吸をするようになり、匂いを持つ硫化水素を発生させます。

    状況がさらに悪化すると、酢酸などの腐敗ガスを発生させ、嫌な臭いが漂います。


    浄化槽から、不快な匂いを感じるようになった場合には、散気管の状態を確認する必要があります。



    交換が必要な場合には専門業者を依頼されるか、散気管をホームセンターなどから購入し、ゴムホースなどで配管と接続すれば完了なので、思うよりも手軽に自分で行う事も出来ます。