カンボジア技能実習生

  • カンボジアからの技能実習生

    • カンボジアはインドシナ半島に位置し、人口1500万人でほとんどが仏教徒です。
      アジアのなかで最貧国で日本は最大の援助国となっています。

      カンボジアの技能実習生の情報を提供中です。

      カンボジアの人たちは日本人や日本の企業に大きな憧れと尊敬の念を持っています。
      他国に比べてまさに信頼の念を強く持っているのです。



      その人たちの気持ちに対して日本は技能実習生を受入ることでカンボジアの産業と経済の発展と振興に手を差し伸べているのです。カンボジアは25歳以下が人口の半分を占める若者の国です。
      かれらはこれからの母国の明るい未来に貢献できるよう期待され、技能実習生を育て引いては国の製造業やサービス業において管理職につけるようにしていきたいのです。

      技能実習生は20歳から35歳までの高卒以上の男女を受け付けています。


      現地の送り出し機関が選抜し、受け入れを希望する企業の担当者が現地で最終面接をし選抜します。


      来日まで入国管理局の審査に4ヶ月から5ヶ月かかります。
      場合によってはさらに日数を要するときもあり、審査が下りない場合もあります。出発前に現地での事前研修があり、日本語習得や日本の生活習慣に慣れるよう指導を受けます。



      日本での実習は受け入れる企業の常勤の職員数によって人数が決められ、各企業でまずは実習や日常に欠かせない日本語を学びながら技能の基礎も身につけていきます。

      さらに最長2年間実習を延期することができます。

      こうして先進的な技術や優れた品質管理や効率的な労務管理などを学んでカンボジアへ帰ってきます。