日本で足りない人材をカンボジアの技能実習生で - カンボジア技能実習生

カンボジア技能実習生

  • 日本で足りない人材をカンボジアの技能実習生で

    • 技能実習生制度をご存知でしょうか。

      この制度は、母国で日本語を学び、必要な技術を身に付けた後、日本に派遣され、日本で人材が不足しているといわれるところで働くことです。現在はこの技能実習生制度を持つ国も多く、中国やカンボジア、ミャンマーなどから日本語を習得して、日本にやってくる人たちが増えています。

      カンボジアの技能実習生の最新情報ならこちらを参考にしてください。

      日本で不足していて今この技能実習生が注目されているのは、看護や介護といった医療の分野ではないでしょうか。これらの人材を確保するためにカンボジアでは、日本語と同時に介護系の技術を習得できる学校もあるほどです。

      しかし、看護や介護の場合は、資格取得をするための日本語の壁が高く、なかなか必要な人材を確保できないことが問題視されています。


      これらの技能実習生を育てるために、日本からカンボジアにも日本語教師がたくさん送られています。そして、現在ではこの専門の技術系の知識も学ぶために、介護に精通した人、または看護に精通した人も同時にカンボジアに送って、人材を育てる試みがされています。
      またこれらの技能実習生は、日本に来てからも、専門技術を学ぶこともできるので、みんな勉強をして資格取得に向け努力しています。



      今現在で一番難しいのは、その試験を母国語ではなく、日本語でみなと同じ試験を受けなければいけないということです。



      漢字などの難しさもあり、試験をパスすることが難しいとされ、現在はこの試験方法も検討をされているところです。