カンボジア技能実習生

  • カンボジア技能実習生

    • 日本には開発途上国の外国人を一定期間産業界に受け入れ、産業の技能等を修得してもらう「技能実習制度」という仕組みがあります。
      技能実習制度の目的は先進国日本の産業界の技能、技術、知識を開発途上国の経済発展のために活躍できる人材育成です。

      カンボジア技能実習生は日本人とよく似た国民性で職場で、上司や先輩、同僚にかわいがられています。

      カンボジアの技能実習生の情報を探すならこちらです。

      カンボジアは人口1500万人で、ほとんどのカンボジア人は熱心な仏教徒です。



      感謝の気持ちは「ありがとう」と手を合わせて言います。
      目上の人や年配者を敬う心と気配りを大切にする心がカンボジア技能実習生にもあり、日本人に親しまれ仲間として、職場で活躍しています。



      技能実習生は研修生とは違い、労働者としてあつかわれます。

      労働者として、雇用され、実践的な技能や技術の習得や職場の仕事を覚え、熟練できる実習をします。

      労働報酬として給与をもらいます。


      健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険の対象になります。

      残業、シフト勤務もできます。
      日本はカンボジアの最大の援助国になっており、日本人や日本企業に大きなあこがれと尊敬と信頼の気持ちを持っています。貧しい国ですが治安がよく犯罪の少ない国で、仏教信仰に支えられた心の豊かさがあります。


      支援国の日本人への恩返しをしたいと働いている技能実習生です。


      技能実習生の職場は農業関係の園芸、畑作、養豚、養鶏があります。


      漁業関係、建設関係の職場等さまざまな職種があり、真剣に仕事に取り組んでいます。