カンボジア技能実習生

  • カンボジア人への技能実習生

    • カンボジアはポル・ポト政権時代に知識人や技術者は虐殺され、都市住民は農村へ強制移住させられて農作業や土木工事に従事させられてきました。

      その結果カンボジアでは農業依存型の低所得の国になっています。
      その農業依存型の経済構造から製造業やサービス業で国の経済を立て直そうとその転換をはかられようとしています。そこに日本の技術力と教育力が採用されているのです。カンボジアに不足しているのはなんといっても技術者と、管理職であるマネージャー人材です。

      そういう人材を育てるために技能実習生として日本に送り込み、技術と管理能力を習得させていくのです。

      カンボジアの技能実習生に関してとにかく簡単に調べられます。

      しかしカンボジア人の特徴として共同作業が極端に苦手であり、間違ったことをしても誤らずに言い訳ばかりすると言われているものがあります。そこで考えられているのが、日本での共同生活の中で日本の生活や礼儀作法を徹底的に教えることで、技術をしっかり身につけさせていくことです。

      しかし残念なことに、この明るい未来につながる素晴らしい技能実習生制度をカンボジア国内で若者に勧めるのに、金儲けのために登録料や紹介料など多額の料金を請求、結局は料金だけを踏み倒し、肝心の技能実習生としての日本への渡航手続きをしない悪徳業者も出てきています。



      くれぐれも若者の夢を壊さないように徹底した下調べが必要です。



      先々母国のために十分に貢献できるを若者を育てるために日夜奮闘している日本の実績ある機関があります。是非訪ねてください。